2014年06月29日

分からないレースは買わない


 こんばんは。
 本日、ボートレース浜名湖で行われたSGグランドチャンピオンシップは菊地孝平選手が優勝。
 4コースから圧巻の捲り一撃でした。

 
 このレース、スポーツ観戦として見るなら非常に見応えのある面白いレースでしたが、
 舟券を買う、投資をするという視点からすると決して「いいレース」ではありません。
 「競艇はインが有利」の言葉通り1号艇の今村選手からの舟券が一番売れていましたが、
 どの選手にも優勝するチャンスがあったと言えるほど、力関係は接近していました。

 実際のレースを見ても分かる通り、菊地選手の捲るパターンがありますし、
 仮に今村選手が菊地選手の捲りを止めていたとしても、
 2号艇の瓜生選手や太田選手の差しが抜ける可能性が大いにありました。
 決して今村選手の1着、悪くても2着までには来ると予想出来るレースではありません。
 こういった、1着の選手が絞れないレースは初心者の方は手を出さない方がいいでしょう。
 (競艇歴の長い人にもお勧めできませんが)


 今回のレースのようなSGとかG1は選手のレベルも高いですので、
 ほんの少しのミスやエンジン、機力の違いで順位がガラリと変わります。
 初心者の方には、舟券を的中させるのはなかなか難しく感じられるかもしれません。

 ただし、SGやG1は基本的なレースの流れや、
 捲りや差しや2着3着の競り合いなど、競艇における技術を勉強するにはもって来いです。
 あらゆる局面においてどうすればいいのかが分かってきます。
 そうなると、判断が正確に出来る選手と出来ない選手がいることに気づきます。
 それはすなわち、買える選手と買えない選手を振り分けることです。


 7月3日からボートレース蒲郡でG1戦がありますが、
 このあたりにも注目しつつ、楽しんでください。


〜中級者以上向け〜競艇で勝つために必要なこと


にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ
ラベル:初心者 競艇
posted by kyotei-shoshin at 23:19| Comment(2) | 舟券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

「ボートレース・競艇初心者応援サイト 〜展示の見方から1Mの予想の仕方までお教えします〜」

のブログをはじめましたsakimai.kと申します。

よろしければ相互リンクをお願いしたくご訪問させて頂きました。

私がブログを始めたきっかけは初心者のためのサイトが他にほとんどなく、なにかボートレース界でなにかできないかと考えた時に初心者のためのブログを作ろうと考えました。

少しでもボートレースファン層を拡大できたらと思います。

こちらのサイトは以前拝見させて頂いており、先日ブログを更新されているのを見て相互リンクをお願いした次第です。

できれば書く内容がダブルのも効率的ではありませんので、私のブログ内でもぜひ貴サイト様の内容を紹介させて頂きたく思います。

当サイトではすでにリンクさせて頂きました。

もし、相互リンク及びフリーリンクが不可である場合はすぐに削除させて頂きますのでご回答のほどよろしくお願い致します。

長文失礼致しました。
以上よろしくお願い致します。




Posted by sakimai.k at 2014年07月10日 23:26
たびたびすいません。
sakimai.kです。

せっかくなので書いていただいている内容について感想を書かせて頂けたらと思います。

分からないレースは買わない、全くその通りだと思います。

グラチャンの優勝戦、2号艇は今艇界でTOP3に入るであろう瓜生選手ですし、4号手の菊池選手は艇界No.1のスタート巧者でありコメントで捲りますと宣言までしていました。

いかに艇界のプリンス、元祖全速ターンと呼ばれる今村豊選手でも荷が重いと思い、3連単は買えませんでした。

結果は菊池選手の見事な捲り勝利。

本当に見事としかいいようがなく、今艇界でSGの優勝戦でゼロ台スタートを切って捲れる選手がどれほどいるだろうかと数えてしまうほどでした。

ただ、今村豊選手の無念さを考えると菊池選手がすごかったと感動するだけはできませんでした。

今村選手は現在52歳でSG優勝の最高年齢が53歳といいます。

おそらくラストチャンスかもしれないとの思いで望んだはずです。

さらにその前のボートレースオールスター(笹川賞)で同じ1号艇で2号艇だった菊池選手に差されています。

同じ選手に連続でSGの優勝戦で負けているのです。

SGの優勝戦1号艇に連続でのるだけでもものすごいことですが、それも52歳という年齢で先ほどの覚悟をもってのレースに負けた胸中というのは計りしれないと思います。

一昨年50歳前でとったSGが印象的だっただけにもう一度と期待したのですがやはり勝負というものは相当に厳しいものですね。

とても、本当にとても印象的なレースでした。

すいません、また長文でしかもSGの感想になってしまいました。

このようなお話をする相手がおらず、つい語ってしまいました。

ご容赦頂けると幸いです。

相互リンクの件、ご回答のほどよろしくお願い致します。


Posted by sakimai.k at 2014年07月10日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。