2014年07月26日

競艇はエンジンが重要

にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競艇へ


競艇で勝つ、舟券を当てるのに避けて通れないのが、エンジン(足とも言います)の見極めです。
いくら勝率の高い強い選手であっても、足が悪いと簡単に格下の選手に負けます。
逆に、格下の選手であっても、足次第で格上の選手を倒すことが出来るのです。
A級の強いはずの選手の成績が振るわなかったり、
B級の選手がまるでA級の選手のような成績を残すことがあるのはこのためです。

誰がどのエンジンを使うのかということは抽選で決めるので、
強い選手がいいモーターを引くとは限りません。
実力の劣る選手が引くこともあります。

ここが競艇の面白い所であり、怖いところでもあります。



ただ、その足の見極めがなかなか難しいのです。
初心者の人じゃなくても苦戦します。
足の見方を一から説明するとなると、到底ここには書ききれないので省略しますが、
とにかく、足が悪いと、選手の腕が生きないし、
足がいいと、技術的に未熟なところをカバーしてくれることもあるんだなということは
覚えておいてください。


出走表に、エンジン(モーター)勝率というのが載っていると思います。
一般的に2連対率(2着までに入る確率)が40%を超えているといいエンジン、
30%を切っていると良くないエンジンと言われています。
エンジンは競艇場ごとに約1年に1回のサイクルで新しいものに替えるので、
新しいものに替えたばっかりの時とか、
たまたまA級の強い選手ばっかり乗ってたから数字がいいとか、
またはその逆でB級の弱い選手ばっかり乗ってたから数字が悪いということもあるので、
鵜呑みにすることは出来ませんが、ある程度の目安にはなるでしょう。


足の見方について初心者の方に1つだけアドバイスをするならば、
実戦の走りをその選手になったつもりで見るということですね。
自分がその選手だったらどういうターンをしたいか、
どういうターンをするのがベストなのか。
そのイメージと実際のターンがどれだけピッタリ合っているのか。
最初は難しく感じるかもしれませんが、たくさんのレースを見て、
ある程度レースの流れが分かってきたら、見えてくると思います。


ちなみに、レース直前の周回展示はどうなのかと思う人もいるかもしれませんが、
正直、初心者の方があれで見極めようとするのは止めた方がいいと思います。
あれは、上級者向けです。

なぜか?
本気で走っていないからです。
自分が選手だったらと考えてみてください。ガチで走らないですよね。
レース直前に水面で走らせてもらえるんだから、レースのイメージをしつつ
丁寧に走ろうぐらいには思うかもしれませんが、
あくまで体慣らし、ウォーミングアップぐらいの位置づけでしょう。
もちろん、その流す走りの中にいい雰囲気が出ていたり、
悪いオーラが出ていることはあるので、全くの無意味ではないのですが、
初心者の方が覚えなきゃいけない優先順位としては、後回しでいいです。
ウォーミングアップの流す走りの良し悪しより、
本番のガチの走りの良し悪しを見極める力をつけることの方が先ってことです。

ただ、そもそもどういうターンが良くて、どういうターンが悪いのかという所から
覚える分には、見ておくと勉強になると思います。
確か児島競艇だと展示の時に解説者の方(黒明さんという元選手の方。強かったそうです)が
「○番がいい」とその場で言ってくれるので、
「ああいうターンがいいんだな」と一つずつ覚えていってください。



P・S

足の見方ってほんと難しいんですよね。
いい着を取っていても足が大したことがなかったり、
悪い着でもそこまで足が悪くなかったりすることは珍しくありません。
ですので、それまでの結果が良かったからと思って買ったら3着にも来なかったり、
全然3連単絡んでないから悪いんだと思ったら絡んできたりと、
「何でこうなるの・・」と苦い経験をすることが今後あるでしょう。
ただ、必要以上にそれを味わうことはありません。
今までその経験をしてきた人がいるわけですから、
あなたはその先人の経験を生かして、最短距離で勝ち組に回ってください。


⇒競艇コラム あなたの舟券はなぜ外れるのか 



万舟120911.JPG
このような舟券は、足の良し悪しを押さえてこそ取れるものです。
posted by kyotei-shoshin at 23:36| Comment(1) | 舟券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エンジンは重要ですよね
今は勉強中です
Posted by まさ at 2015年08月03日 05:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。